戦前の廃食用油の再生・再利用は石鹸が大半でしたが、昨今は石鹸飼料用油脂の添加物、脂肪酸、分解用原料(各成分ごとに分別し使用する)塗料やインクの原料、燃料用と多様に再生再利用されております。